算数を苦手科目にさせないために

 中学校での数学は算数からの積み重ねが重要な科目であるため、算数の出来を重要視する学校が多いと言えるのではないでしょうか。また、算数は計算だけ出来ていればよいわけではなく、何を問われ、何を求めなければならないのか、それを問題文から適切に読み取り、解を出していかなければなりません。単なる計算能力だけではなく、文章を読解する力も必要であると考えられます。

 では、これらを踏まえて小学生に算数を教える際、教える側の講師に必要なことはなんでしょうか。私は、とにかく子供たちに苦手意識を持たせないことだと思っています。算数は計算力だけでも、読解力だけでも足りません。また、どこかの単元でつまずいてしまうと、今後、そのつまずいた単元を使用する箇所でほぼ確実に引っかかり、つまずき、出来ない、解けないから苦手。といった負のループが出来上がってしまいます。問題を一つずつ丁寧に紐解いていくことにより、どこがわからなくてどこでつまずいたのかが分かり、次へのステップにすることができるでしょう。苦手意識を持たないで色々な問題にチャレンジしていくことは、算数だけはなく、ほかの受験勉強にもつながっていくと思います。とにかく、「問題を読んで、数字を使って何かを解く」ということに慣れさせていくことは大切だと思います。