算数は解き方を正しく理解する事が大事、模範解答を見ながらのコーチングも実は正解

 中学受験を無事に突破するためには、安定した算数の基礎力が必要です。いわゆる公教育の授業で生徒が習う算数と、有名私立中学校の受験で出題される算数では、範囲がそもそも違っています。私立中学の入試は毎年微妙に出題範囲が変わる事もあり、また問題の製作者が変われば過去のデータがあまり参考になりません。塾講師の方々は常に算数の出題傾向の全体的なトレンドにアンテナを張っておきましょう。

 生徒の算数の成績がいまいち伸び悩んでいる場合は、急がば回れの戦略が大切です。基礎をおろそかにしたまま入試対策用のテキストを配布しても、効果は半減します。小テストの正解率が低い状態が続いた場合は、焦らず基本的な部分をおさらいしましょう。例えば図形問題がどうやら苦手だと判明したら、一旦立ち止まり苦手分野の克服にリソースを充てましょう。正解率が高くなるまで苦手な図形の問題を解かせ、分からない点があれば即、質問するように指導します。算数はそもそもの解き方や回答が理解出来なければ、その時点で模範解答を参照した方が効率的です。算数が苦手な生徒であれば、最初から完全に答えを見せて、どうしてこういった式になるか質問をしながらコーチングするのも良い指導法です。