中学受験は方程式を教えた方が合理的な場合があります。

 小学校では方程式は教えていません。したがって、中学受験の算数には方程式を使わなくても解ける問題しかありません。しかしながら、実際には方程式を使えば簡単に解ける文章問題が出されています。そこで、中学受験の塾では敢えて小学生に方程式を教えることが有効な場合があります。もちろん、入試問題が記述式であっても、方程式を使った解答で得点できないことはありません。さらに、問題の本質を理解するうえでも方程式は非常に有効なので、小学生に教えておく価値はあると考えられているのです。

 中学で教える連立方程式では、導き出すべき答の2つの項をxとyで表します。このxとyを小学校では空欄の四角で表しますが、結局これは方程式を使うのと同じことです。xとyのどちらかを消せば一つの項についての式ができるので、解答を導くことができます。これを小学校では消去法として教えていますが、やはり方程式の考え方を使っているのは明らかです。そこで、最初から方程式の概念を使用して文章問題の解答方法を教える塾が少しずつ増えてきました。ただし、方程式の教え方は想像するほど容易ではありません。乗数が全項に均等にかかるということを理解させるのに意外と時間がかかるので注意しましょう。